京大呼吸器外科 京都大学医学部附属病院呼吸器外科

京大呼吸器外科 京都大学医学部附属病院呼吸器外科
患者様お見舞いの方へ
学生・研修医・修練医の方へ

京大呼吸器外科トップ > 患者様、お見舞いの方へ > 外来受診される方へ > 外来医師のご紹介 > 宮原 亮

外来医師のご紹介 宮原 亮

外来医師プロフィール

宮原亮 医師
京都大学医学部附属病院呼吸器外科 宮原亮

手術療法は病巣が局所に限局している可能性のある早期肺癌の治療において最も根本的な治療ですが、合併症の避けられないこともあります。チームワーク良く手術・術後管理を進めていきます。術後補助療法を必要とする場合には少しでも効果のある術後補助療法を行なうために情報を集め、術後もできるだけ長く患者さんとコンタクトを保ちたいと考えています。

  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本胸部外科学会認定医
  • 呼吸器外科専門医
  • 日本臨床腫瘍学会暫定指導医

卒業年:1987年京都大学医学部


略歴

1987年
京都大学胸部疾患研究所理学呼吸器科
1988年
大津赤十字病院呼吸器科
1997年
京都大学大学院胸部外科学入学
2001年
同上修了
2002年
MD Anderson ガンセンター胸部外科へ留学
2005年
京都大学大学院医学研究科器官外科学講座呼吸器外科学助教

現在に至る

専門分野

呼吸器外科全般(肺癌などの悪性腫瘍)

▲外来医師のご紹介トップに戻る

ページトップ


京大呼吸器外科トップページ交通・アクセス院内地図患者様・お見舞いの方へ学生・研究医の方へ

京都大学医学部付属病院呼吸器外科 Department of Thoracic Surgery, Kyoto University
©2001 Department of Thoracic Surgery, Kyoto University. All rights reserved.